プラザ合意以降、急激な円高が進み、日本経済は不況に陥った!

プラザ合意

1985年9月22日に米国ニューヨークで開催された先進5ヵ国蔵相・中央銀行総裁会議 (G5)で
討議されたドル高是正のための一連の合意事項のこと。

 

当時、アメリカは巨額の財政赤字や高金利を背景にドルの独歩高を通じて
膨大な貿易収支の赤字を発生させ、世界的な対外不均衡が問題となっていた。

 

この行き過ぎたドル高の是正を目的として、G5が開催され、
(1)主要通貨の米ドルに対する秩序ある上昇が望ましいこと
(2)為替相場は対外不均衡調整のための役割を果たす必要があること
(3)5カ国はそうした調整を促進するために一層緊密に協力する用意があること
などで合意がなされた。

 

この合意がドル高・円安から円高への契機となり、合意前1ドル230円台のレートが、
1987年末には1ドル120円台のレートで取引されるようになった。

 

日本経済は一時期円高不況に陥るが、低金利政策などによって投機が加速され、
1980年代末に向けてバブル経済の膨張の原因となった。

 

「プラザ」の由来は、開催場所が米国・ニューヨークのプラザホテルだったため、
その名を付けて「プラザ合意」と呼ぶ!

 

[スポンサードリンク]